レチノールクリームの使い方と副作用

[レチノールクリーム/使い方] 種類を確認

レチノールクリームの使い方で、大切になってくるのが使おうとするレチノールの種類をしっかり確認しておくということです。

 

レチノールといっても、実は成分でいうといくつかの種類があります。

 

化粧品や医薬品に配合されているものは以下が多いので、購入する前の人、現在使っている人も確認してください。

 

 

使いやすいレチノールクリーム
おすすめはこちら⇒

 

純粋(ピュア)なレチノール:効果が高く副作用も強くない

 

レチノール類の中でも、純粋なレチノール(ビタミンA)がこれにあたります。レチノール類の中でも、シワやたるみへの効果が高いのです。

 

しかし、光や熱、酸化に弱く、壊れやすいという弱点があります。副作用もあるのですが、ピリピリとした刺激や赤みが出るなどの軽度であることが多いです。
化粧品の中にも配合することが許されているので、一番バランスのとれた成分と言えます。

 

レチノール化粧品を選ぶ時におすすめしたいのが、この純粋なレチノールが配合されているものです。

 

トレチノイン(レチノイン酸):副作用が一番強い

 

トレチノイン(レチノイン酸)はビタミンA誘導体の一種で、シワ改善への効果が最も高い成分です。レチノール類の中ではその効果の高さが注目されていて、海外では医薬品としてもポピュラーに使われています。

 

しかし、その反面副作用が強すぎるのが難点で、使う人を選んでしまうという問題点もあります。

 

日本では化粧品に配合することは許可されていません。今使っているレチノール化粧品の中にも、トレチノイン(レチノイン酸)の表示はないはずです。

 

日本では、お医者さんの診断と、使用のための指導がないと使えない成分ですので、毎日のケアに摂り入れるのは現実的ではないでしょう。

 

強い副作用は、塗ってから短期間で出てくるのが特徴的で、皮向けや赤み、炎症などのハッキリとした症状が出てきます。

 

パルミチン酸レチノール:副作用は弱いけど効果が弱い

 

パルミチン酸レチノールは、レチノールの中でも一番多く化粧品に配合されているタイプです。

 

パルミチン酸レチノールは、レチノール誘導体(ビタミンA誘導体)の一種。なぜ、パルミチン酸レチノールが多くの化粧品で使われているかというと、「安定性が高いから」という理由からです。

 

化粧品で安定性が高いということは、成分として壊れにくいということを指しています。

 

副作用も少なくて、化粧品としては配合しやすいのですが、実は肝心の効果が弱いという弱点のある成分です。

 

そのため、安価なオールインワン化粧品や、化粧水などへの配合が多いレチノールでもあります。

 

 

酢酸レチノール:副作用は弱いけど効果が弱い

 

酢酸レチノールもパルミチン酸レチノールと同じく、レチノールの安定化させたタイプのものになります。

 

成分としての安定性も高く、副作用としての刺激も少ないのですが、やはり効果が弱いタイプのレチノールです。

 

パルミチン酸レチノールに次いで、安価な化粧品での配合が多くなっています。

 

レチノイン酸トコフェリル:効果も高く副作用も少ない!

 

レチノイン酸トコフェリルは、レチノール類の中でも比較的新しいタイプになります。

 

効果と副作用の大きい「レチノイン酸(トレチノイン)」をトコフェロール(ビタミンE)を付与して安定化させたものですが、効果が高いのに刺激も少ないという優れた成分です。

 

レチノール化粧品で、シワへの効果などをハッキリと感じたいのなら、ぜひ使ってみてほしいタイプのレチノールになります。

 

こちらのサイトでおすすめしているビーグレンのレチノAには、レチノイン酸トコフェリルが配合されています。

 

 

[レチノールクリーム/使い方] 塗る時間・タイミング

 

レチノールクリームを塗る時間帯は夜がおすすめ

 

レチノールクリームを塗る時間帯ですが、夜寝る前に塗るのがいちばんオススメです。

 

そこまで神経質になる必要もないのですが、レチノールには、紫外線や光などで若干壊れやすいという性質があるためです。

 

多くの女性が夜寝る前などにスキンケアをすることが多いのではないでしょうか?外出前に塗るよりも、夜間にしっかりレチノールを浸透させる方が、より早く効果を実感できるはずです。

 

レチノールクリームの朝・昼に塗る時

 

レチノールクリームを朝や昼の太陽が出ている時間帯に塗るのはあまりオススメしていません。

 

しかし、夜に仕事があったり、夜には別の化粧品でケアしたいなどの理由で、日中にレチノールでのスキンケアをしたい人もいるでしょう。

 

レチノールクリームを昼に塗る場合には、必ず日焼け止めをその上から塗るのを守れば、あまり成分が壊れることなくスキンケアが可能です。

 

日焼け止めは塗り直し・ちょっとの外出でも塗るのを意識

 

日焼け止めは、実は朝1回塗ればOKというものではありません。特に、梅雨から初秋にかけての紫外線が強い時期には、完全に紫外線ダメージを防ぐことは難しいです。

 

そのため、朝1回ではなく、昼、夕方と数回塗り直すことを意識してください。また、夏場などで油断しがちなのが、「ちょっとの時間外出するだけだから、日焼け止めはいいか」と考えてしまうのも禁物です。

 

レチノールを朝に塗っているのなら、ちょっとの時間でも日焼け止めをサッと塗って、紫外線の影響を極力抑えるようにしてください。

 

レチノールが壊れにくくなるのはもちろん、紫外線ダメージを減らすことができるので、総合的なアンチエイジングの効果も期待できますよ。

 

レチノールクリームの塗る順番

 

レチノールクリームの塗る順番としては、

 

クレンジング⇒洗顔⇒化粧水⇒(美容液)⇒レチノールクリーム⇒保湿クリーム(またはパック)

 

というのが一般的です。

 

クレンジングだけで洗顔をしなかったり、美容液を加えたり、保湿クリームがなかったりなど、人によっては差異はあると思いますが、この順番で間違いありません。

 

ただし、美容液や他の美容クリームを併用したい場合には塗るタイミングをズラした方がいいことがあります。下記で成分の使い合わせについても書いていますので、参考にしてください。

 

レチノールクリームの目元での使い方には注意

 

トレチノイン(レチノイン酸)は絶対に使わない

 

レチノールクリームを目元に使う場合で、絶対にやってはいけないのが「トレチノイン(レチノイン酸)クリーム」を、目元に塗るということです。

 

目元は特に角質層が薄く、副作用やアレルギーが起こりやすい場所。炎症が広がり、目の網膜への影響が出てくるなどの酷い状態に陥ってしまう可能性もあります。

 

目元にレチノールクリームを塗る場合は、純粋なレチノールが配合されたものや、パルミチン酸レチノールなどの低刺激なものに留めておく必要があります。

 

レチノールクリームが目に入った場合

 

目元でのケアをしていると、レチノールクリームが目に入ってしまうことがあります。その場合はすぐに、水で洗い流してください。

 

トレチノイン以外のレチノールであれば、目に強い副作用が出るということは稀ですが、レチノール以外の成分が目に悪い影響を及ぼす可能性もあります。

 

[レチノールクリーム/使い方] 塗る頻度

 

レチノールを毎日塗るのは大丈夫?

 

レチノールクリームを毎日塗ることで、肌荒れなどが起きやすくなるのではないかと不安な人もいると思います。

 

しかし、化粧品に配合されているレチノールならば、毎日継続しても大丈夫です。肌の状態を見て、肌荒れなどがないならば毎日使っていても大丈夫でしょう。

 

レチノールクリームを一日に何度も塗るのはNG

 

レチノールクリームを毎日のスキンケアで使うのはOKなんですが、一日に何度も塗るのはNGなので止めておきましょう。

 

大きな副作用が出るというよりも、多く塗ったからといってシワなどへの効果が増すものではないということです。

 

効果の高いレチノールクリームは、お値段も高くなることが多いので、ムダに塗る回数を減らしてコスパも考えながらケアを続けるのがオススメです。

 

日々継続することで、肌にハリ感を感じられるようになります。

 

[レチノールクリーム/使い方] 副作用の具体例

 

レチノールの好転反応 | ピリピリとした刺激がある

 

レチノールクリームを塗ると、副作用を感じる人もいます。中でもたびたび見られるのが、痛みがあるというものです。

 

特に塗り始めた初期の頃に自覚しやすいのですが、ピリピリとした刺激を個人差はありますが感じる人がいます。

 

しかし、これは好転反応のひとつでもあり、毎日のスキンケアで慣れていけば、刺激を感じることがなくなっていきます。

 

レチノールで肌荒れ

 

レチノールはターンオーバーを促進する効果のある成分です。

 

特に、一番効果を感じやすいトレチノインなどは、すぐに肌荒れを引き起こしてしまうほどの強力な成分です。

 

それ以外のレチノールでも、小さなブツブツが出来たりなどの肌荒れを起こすことがあります。

 

これはターンオーバーにより一時的に角質層が薄くなることが関係しています。

 

角層が薄くなるということはそれだけ肌が外部刺激に弱くなっているので、局所的に肌荒れを起こす可能性があります。(個人差があります。まったく肌荒れしない人も多いです。)

 

レチノールで乾燥を感じる

 

レチノールを塗ることで、乾燥を感じる人もいます。特に、乾燥肌や敏感肌の人は、ターンオーバーが進むことで、余計に乾燥を感じて付随して起こる肌荒れなどを実感しやすいです。

 

角層が薄くなるということは、その分水分も失われている状態。カサつきなどを強く感じる場合には、保湿クリームで乾燥を防ぎましょう。

 

また、レチノールクリーム本体に、保湿成分が多く入っているものを選ぶというのもひとつのポイントになりますね。

 

ビーグレンのレチノールクリームは、スクワランやペプチドなどの保湿成分がたっぷり入っているので、乾燥を感じにくいというメリットがあります。

 

[レチノールクリーム/副作用・使い方]塗る部位

 

おでこにレチノールクリームの塗布

おでこのシワのケアのために、レチノールクリームを塗る人も多いと思います。

 

おでこは特段皮膚が薄い場所という訳ではないので、レチノールクリームで副作用を強く感じにくい場所。問題なく使用することができます。

 

おでこは皮膚が硬くなりやすく、小じわや太いシワができやすい部位。レチノールクリームは肌を柔らかくする効果も高いので、シワケアにぴったりです。

 

目元・目の周り

 

目元や目の周りは、小じわが目立ってきたり、目尻の深いシワ、目のクマなどの悩みが多い場所ですよね。

 

まぶたや目の下(目元)は特に皮膚が薄いので、レチノールを塗るのにも注意が必要です。刺激が現れやすい場所なので、赤みが続いてしまうなどの症状が出た場合には使用を中止しましょう。

 

特に、トレチノイン(レチノイン酸)の塗布はかなり危険ですので、安易に塗らないようにしてください。

 

レチノールの他の成分で、アルコールや防腐剤など、刺激性の強い成分が多く配合されていないかを知っておく必要があります。

 

乾燥も感じやすい部位に当たるので、保湿成分が多く含まれているレチノールクリームを選ぶのもポイントになります。

 

ほうれい線周辺のレチノールの副作用

 

ほうれい線周りの皮膚も、弾力が失われるとたるみの原因となりがちです。

 

目の周りなどの皮膚と比べると、薄い部位ではないのでレチノールクリームの使用は特に問題はないでしょう。

 

口周りのレチノールの副作用

 

口周りのマリオネットラインなどのたるみのケアにも、レチノールクリームは有効です。

 

しかし、口周りは特に乾燥をしやすい部位ですので、レチノール使用で肌が乾燥し、肌荒れやニキビなどが副作用として出やすいという特徴があります。

 

レチノールを塗布したさらに上から、保湿クリームでフタをしたり、保湿力の高いレチノールクリームを塗るのがポイントになります。

 

首周りのレチノールの副作用

 

首回りからアゴ、フェイスライン周辺にかけては、肌が乾燥しやすくニキビができやすい場所になります。「アゴニキビ」という名前で一緒にされることもありますが、これの原因はほとんど乾燥によるものです。

 

レチノールクリームを塗ることで、さらに乾燥する場合がありますので、首回り周辺においても保湿性の高いクリームを併用するなどの対処が必要になってきます。

 

唇へのレチノールの使用

 

唇の縦じわやシミが気になってレチノールを使いたい人もいるかもしれませんが、使用はNGです。唇は他の皮膚と違って、角層が特に薄い場所になりますから、成分による刺激も受けやすい場所です。

 

そのため、レチノールでの副作用・肌荒れなどが強く出やすく、シワ改善よりも荒れた状態が続いてしまうという結果になりがちです。

 

[レチノールクリーム/使い方] 注意点

高濃度のレチノールクリームは避ける(海外製)

 

レチノールが配合されている化粧品では、日本において濃度の上限が決められています。

 

以前はレチノールの配合自体が認められていませんでしたが、安全性が確認された上で化粧品への配合が許可されました。

 

ただし、日本で販売されていないレチノール化粧品では、配合量が日本の基準を超しているものもあります。

 

高濃度のレチノールは肌荒れなどの副作用も大きく出るため、海外製のレチノールクリームに安易に手を出さないようにしましょう。

 

手作りのレチノール化粧品は副作用の原因

 

手作りのレチノール化粧品を作ることもできます。ネットなどを中心に、高濃度のパルミチン酸レチノールが配合された「原液」が販売されているからですね。
しかし、レチノール原液を自分で薄めて使うのは、リスクも高く、うまく調整できない可能性の方が高いです。

 

比較的安全性の高いと言われているパルミチン酸レチノールを使用したとしても、高濃度にしてしまうと肌荒れや赤みなどの副作用が長期に渡って続いてしまう危険性もあります。

 

濃度の高い原液レチノールは扱いが難しい

 

濃度の高い原液のレチノールを、今ではネット通販などで手に入れることが簡単にできるようになりました。

 

販売されている原液レチノールは、ほとんどの確率で「パルミチン酸レチノール」です。これはレチノールの中でも効果が弱いタイプ。

 

安定しているレチノールと入っても、太陽の光(紫外線)や、化粧水などで薄める段階での酸化。保管状態での成分の劣化などで壊れてしまうことが多いです。

 

総合的に安いからといって、意味のないスキンケアになってしまう確率の方が高いので、原液レチノールでのケアは止めておいた方が良さそうです。

 

海外の安いレチノールクリームはおすすめできない

 

海外製の安いレチノールクリームなども、人気が高いので知っている人は多いのではないでしょうか?海外製の化粧品には、基本的に日本製のものよりも気を使ってないことが多いです。

 

防腐剤が多く配合されていたり、香料、合成着色料などの配合がされているので、敏感肌の女性などには本当におすすめできません。

 

レチノールではアレルギーなどの副作用が起こらなくても、それらの肌に必要のない成分が原因となってしまう確率が高いです。

 

パッケージも劣化しやすいジャータイプのものであることが多いので、レチノールのシワ改善効果などはほとんど期待できないでしょう。

 

レチノールは紫外線に弱い

 

レチノールの弱点として、紫外線に弱いという性質があることです。そのため、夜での使用がおすすめです。

 

紫外線に弱いとはどういうことかというと、レチノールの成分が紫外線にさらされることで別の成分に変わってしまったり、分解してしまうということですね。

 

レチノールが劣化:酸化に弱い

 

ほとんどの美容成分は、酸素に触れることで変質してしまい、効果を発揮できなくなります。

 

酸化は少なくとも時間ともに進んでいくので、成分によって変質するまでの時間は違います。レチノールもデリケートな成分のひとつなので、なるべく空気と接触させないような使用方法が望ましいです。

 

もちろん肌に塗った後は仕方がありませんので、容器のフタを開けっ放しにしたり、開閉の際にクリーム(液体)全体に空気が触れないような設計のものを選ぶのがポイントになります。

 

保湿成分配合のレチノールを選ぶ

 

副作用が出た場合の症状の特徴としては、やはり乾燥によるものが多いです。赤みや肌荒れなどは、皮膚のターンオーバーが進み、薄くなることで生じやすくなります。

 

そんな乾燥による副作用の軽減のポイントになるのが、レチノールに保湿成分が多く配合されているかいないか?ということです。

 

もちろんレチノールを塗った後に、保湿クリームを塗れば問題ないのですが、レチノールクリームだけでも保湿がされれば、手間もかかりませんし、副作用もより起きにくくなります。

 

ビーグレンのレチノールクリームなどは、レチノール以外にも保湿成分が多く含まれているので、乾燥肌での副作用が心配な人でも安心して使うことができますよ。

 

 

効果のあるレチノールクリーム
おすすめはこちら⇒