レチノールクリームの効果/シワ・たるみ・ほうれい線・目のクマの肌悩みへの高い効果

[レチノール/効果] 線維芽細胞サポートする機能

 

レチノールの大きな効果のひとつに、肌の中にある「線維芽細胞」をサポートしてくれる機能があるという点です。

 

レチノールは、肌の中でレチナールにまず変換され、さらにそれがレチノイン酸へと変化します。

 

このレチノイン酸が線維芽細胞を元気にさせる効果を果たしてくれるということです。

 

線維芽細胞が元気になると下記のような肌にとっての効果が期待できます。

 

レチノールの効果でシワが減る/高保湿成分ヒアルロン酸生成

 

ヒアルロン酸といえば、高い保湿効果があり、肌の中の潤いを保ったり、バリア機能を果たしていることで知られています。

 

ヒアルロン酸入りの化粧水や、美容液なども、未だに高い人気を誇っていますよね。

 

線維芽細胞は、肌の中でヒアルロン酸を生み出すという大切な働きを担っています。

 

レチノールが線維芽細胞をサポートすることで、ヒアルロン酸生成を助けることができます。

 

 

レチノールの効果でシワを解消/弾力成分のコラーゲン生成

 

弾力成分のコラーゲンもヒアルロン酸と同様にあまりにも有名ですよね。コラーゲンを増やすことは、肌の弾力アップの大きなカギを握っています。

 

年齢と共に、お肌内部のコラーゲンが減少したり、紫外線ダメージでコラーゲンが減少すると、弾力が失われて深いシワやたるみの原因となってしまいます。
線維芽細胞は、ヒアルロン酸生成と同時にこのコラーゲン生成も果たしています。

 

レチノール化粧品でケアをすることは、コラーゲン生成をサポートすることに繋がるということですね。

 

 

 

 

[レチノール/効果] シワを減らして見た目年齢が若返る

 

レチノールの一番の効果として良く知られているのが、「シワへの効果」です。

 

シワと言っても様々な種類がありますが、下記のようなシワに効果を実感できている女性が多いですね。

 

目尻・おでこの深いシワを軽減する効果

 

深いシワが目立ってくる部分として、目尻、おでこなどが挙げられます。

 

年を重ねてくると無表情ではシワが目に見えなくても、笑ったり、表情を曇らせたりすることでくっきりとした長くて深いシワが目立ってしまうことも特徴的です。

 

レチノールクリームでケアを続けることで、そんな深いシワを浅くし、短くする効果が期待できます。

 

なぜならレチノールには、コラーゲン生成を促進させる働きがあるからです。深いシワは、肌内部のコラーゲン構造が崩れてしまっているのが大きな要因ですので、そこをケアすることで少しずつですがシワ軽減の効果が実感できるはずです。

 

レチノールはほうれい線・たるみを軽減する効果

 

レチノールは小じわや、深いシワへの効果が高いというイメージを持っている人が多いですよね。

 

しかし、小じわや深いシワに効果があるということは、ほうれい線などの肌のハリ不足により起こる悩みにも効果が期待できます。

 

実際に、おでこのシワと同時に目立ってくるほうれい線周辺にレチノールクリームを塗ることで、ほうれい線が薄くなる効果を実感できている女性も多くいます。

 

ほうれい線が浅くなると、見た目が10歳は若返って見えるので、シワのケアと同時にぜひほうれい線にもレチノールクリームを塗りましょう。

 

効果の原理は、シワと同じくヒアルロン酸とコラーゲンが増えることにあります。ほうれい線周りのハリを取り戻して若返りを実現する効果を感じてみてください。

 

目の周りの細かいシワを減らす効果

 

目の周りの細かいシワは、30代半ばを過ぎてくると目立ってきます。

 

大きな原因は、肌の水分保持能が低下し、乾燥状態を引き起こすことです。乾燥状態になっているということは、細かくみていくとヒアルロン酸の低下が起こっていることですね。

 

レチノールクリームでのケアを続けることで、皮膚内のヒアルロン酸量のアップが期待できます。レチノール化粧品を選ぶ時には、純粋(ピュア)なレチノールが含まれていることがポイントになります。

 

美容液ではなく、クリームタイプを選ぶことで、密着性も上げることができます。目の周りの小じわを減らすのなら、レチノールクリームでケアするのはとても理にかなったケア方法といえます。

 

目のクマへの効果

 

茶クマ:レチノールが助ける効果

 

茶クマは目の下の色素沈着が主な原因になっています。

 

茶クマを治すためのスキンケアのポイントは、摂り入れる成分に美白効果があるかないかということですね。

 

レチノールは肌のターンオーバーを早める、正常化する効果があるため、色素沈着の解消にも約だてることができます。しかし、レチノール自体には他の美白成分(例えばハイドロキノンや、ビタミンCなど)よりもメラニンの還元効果が弱いです。

 

そのため、ハイドロキノンやビタミンCなどの美白成分と併用することが、茶クマ解消の近道になります。

 

黒クマ:レチノールが効果

 

レチノールで効果を感じやすいクマのひとつに、黒クマがあります。

 

黒クマは目のシワの皮膚の弾力不足が原因となることが多いので、レチノールでのコラーゲン力アップが改善のためのカギになります。

 

青クマ:レチノールでのケアは向かない

 

茶クマ、黒クマの他に、青クマもクマの症状ですが、これは血行不良などの生活習慣によるところが大きいです。

 

そのため、レチノールでの皮膚へのケアというよりも、寝不足を解消したり、新陳代謝が良くなるような食生活の改善などをした方が、根本的な解決となります。

 

目のクマは複合的に目立つことも多い

 

目のクマは、茶クマ、黒クマ、青クマのように主に3種類ありますが、それらが複合的に合わさって目立つことがあります。

 

レチノールクリームでのケアを考えた場合、少なくとも茶クマと黒クマには効果が期待できます。どれが原因か分からない場合でも、まずはレチノール化粧品でのスキンケアを続けることで、クマを目立たなくすることに繋がるかもしれません。

 

まずは、自分の皮膚に合うか合わないかを、お試しセットが販売されているレチノールクリームを使ってみて判断してみるところから始めてみてはいかがでしょうか?

 

レチノールクリームの毛穴への効果

 

開いてしまった毛穴に悩んでいる女性も多いと思います。

 

毛穴については、黒ずみ毛穴や毛穴の開き、たるみ毛穴、角栓のつまりなどいろいろ悩みがありますよね。

 

レチノールは、この中でもたるみ毛穴に高い効果を発揮します。それに付随した毛穴悩みも解決できる可能性があるので、シワケアと同時に毛穴のケアも実施してみましょう。

 

たるみ毛穴にレチノールが効く

 

たるみ毛穴は、「しずく型毛穴」という呼び方もされるタイプの毛穴です。単純に毛穴が開くのは、10代や20代のうちでも起こりますが、たるみ毛穴はさらに毛穴の老化が進行した状態です。

 

原因は毛穴の周辺の皮膚内の弾力の低下と、水分保持能の落ち込みによるものです。

 

ビタミンCやプラセンタなど、いろいろな美容成分がありますが、レチノールはコラーゲンやヒアルロン酸の生成促進をできる成分なので、たるみ毛穴に最も効果を発揮してくれる成分と言っても過言ではありません。

 

たるみ毛穴がなかなかスキンケアで改善しないという人は、一度レチノールクリームでのケアを続けてみてください。

 

線状毛穴・帯状毛穴

 

線状型毛穴は、たるみ毛穴同士が繋がった状態で、シワのように見えてしまう毛穴です。顔の中心から、横下に広がることでシワが多く刻まれているように見えてしまうことから、年齢が50代から60代の人のように見えてしまいます。

 

たるみ毛穴を放置していると、40代半ばくらいから、目立ってきてしまいますので、毎日のスキンケアの中にレチノールクリームを取り入れてみて少しでも進行を防ぐことが大切になります。

 

 

男性への効果

 

男性と女性の肌の違い

 

 

レチノールの浸透効果/シワの軽減・予防に高い効果がある

 

レチノールはビタミンAの一種ですが、これまで書いてきたようにシワに高い効果のある成分です。

 

レチノールがエイジングケア効果が高いのは、「ヒアルロン酸やコラーゲンの生成促進ができるから」というのがポイント。

 

そこで多くの人が感じるのが、「ヒアルロン酸やコラーゲンを最初から塗る方法はダメなの??」ということだと思います。

 

しかし、ヒアルロン酸やコラーゲンを外から塗っても、シワケアなどに根本的な解決にはなりません。

 

コラーゲンは浸透できない

 

コラーゲンを外から塗っても肌の中にほとんど浸透しません。

 

なぜかというと、コラーゲンはとても大きな成分だからです。目で見ても確認はできませんが、実際には皮膚の中にコラーゲンは入れません。ほとんどが表面に滞る状態になっています。

 

それが完全にスキンケアの効果がないという訳ではなく、保湿などの効果はあります。が、肌の弾力などが戻るという結果にはなりません。

 

低分子コラーゲンも肌の中には入れない

 

コラーゲンは分子が大きいので、肌の内部に入れないということで・・・・「それなら、低分子化してちゃんと入るようにしよう。」と考えた人が、低分子コラーゲンという成分を作り、化粧品にも応用されています。

 

でも、低分子コラーゲンといっても、まだまだ肌の中に入れる大きさでは実際にはありません。

 

宣伝している商品のイメージなどでも紹介されていて、なんとなく肌に入っていくのではないかと期待してしまいますが、現実にはそんなことはありません。

 

一番いいのは、肌の中に浸透するレチノールクリームを使って、自分のコラーゲンを生み出すようなスキンケアをすることが、エイジングケアの近道になると思います。

 

ヒアルロン酸は浸透できない

 

コラーゲンと同列に語られることの多いヒアルロン酸ですが、これも肌の中に入っていくことができません。

 

ヒアルロン酸の分子量は、約100万ととても巨大です。肌の中に浸透していくための分子量の上限は、500程度と考えられています。

 

なので、ヒアルロン酸を表面に塗ったとしてもほぼ100%肌の中に浸透させることはできません。

 

コラーゲンの場合と同じく、レチノールであれば肌に中に浸透させ、ヒアルロン酸の生成量を高めることができるので、やはり理にかなっている方法と言えます。※レチノールの分子量は約300弱。